バイアグラ使用の失敗談

バイアグラはEDの改善薬として定評のある薬ですが、使用上の注意もあります。

バイアグラを服用してみたけど、効果がなかった、その場合効果を弱めてしまっている場合があります。

そこでバイアグラについての豆知識をチェックします。

バイアグラ服用時の注意として、空腹時に飲むことが必要になっています。

満腹時ではバイアグラの吸収が悪く、十分な効果をもたらす事が出来ないのです。

適切な飲み方はというと、空腹時にバイアグラをまず服用します。

バイアグラは30程で体内に吸収されますので、その後でしたら飲食可能になります。

バイアグラは胃や腸壁から吸収されますので、食後は食事の成分や油が胃壁をおおっていますので、効果が薄くなってしまうのです。

この空腹時がポイントで、通常は食後二時間位間隔を空けることで、空腹時の状態になります。

ただ中華料理など油成分が多いものを多量に摂取した後は、胃壁や腸壁の油が長く残っており、6時間ほど間隔を空ける必要があります。

その為、服用前の食事は油分の少なめなものにした方がいいでしょう。

吸収されない場合、バイアグラはそのまま通過してしまいますので、効果も体には反映されないのです。

またアルコールの過剰摂取もよくありません。

アルコールは薬効に影響を与えますので、飲酒をすることでバイアグラの効果を薄くしてしまうのです。

また、バイアグラは血流を良くしますので、アルコールもまわりやすくなってしまいます。

その結果、飲み過ぎの状態になってしまいやすくなります。

バイアグラを服用の際は、そういった注意をきちんとしていきたいですね。